第13回本屋大賞に輝いた宮下奈都の小説を実写映画化。ピアノの調律のとりこになった一人の青年が調律師を志し、さまざまな人々との交流や、挫折を経験しながら成長していくさまを描く。主人公・外村を『四月は君の嘘』などの山崎賢人、外村の人生に大きく関わる調律師・板鳥をテレビドラマ「就活家族 ~きっと、うまくいく~」などの三浦友和が演じる。『orange−オレンジ−』で山崎と組んだ橋本光二郎がメガホンを取り、『高台家の人々』などの金子ありさが脚本を担当。
(C) 2018 「羊と鋼の森」製作委員会

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0021766
公式サイト:http://hitsuji-hagane-movie.com/
配給:東宝

みんなの反応

  1. また山崎賢人かよwって感じ。もう飽きた。
    もっと違う俳優さんいないの?

  2. あぁ!これ映画化するんか!

  3. 山崎賢人はもーえーわー(-_-;)
    俳優不足なんか?

  4. 山崎賢人くん好きやけど確かにテレビとか出過ぎ(笑)

  5. ピアノの森……

  6. 日本はいま若手俳優不足ですね。
    山崎けんと、福士蒼汰、菅田将暉で主演を回してる感が否めない。

  7. 山崎賢人使えばいいと思ってんの?w

タグ一覧

関連記事