★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の斎藤工さんが2月24日、東京都内で行われた、「齊藤工」名義で監督を務めた長編デビュー作「blank13」の全国拡大公開初日舞台あいさつに登場。斎藤さんは「本当に胸がいっぱいです。映画大好き少年がそのまま大人になったような人間なので、本当に夢のようです」と感慨深げに喜んだ。

 舞台あいさつには高橋さん、神野三鈴さん、リリー・フランキーさん、村上淳さん、永野さん、佐藤二朗さん、齊藤監督が出席。佐藤さんは「僕とムラジュン(村上さん)が出てるシーンが浮いたりしないだろうかと思ってまして、怖くて見られなかったけど、意外にも、まあ浮いてはいるんですけど、(斎藤)工のハンドルによっていい感じに調和されていて」と内容に太鼓判。また、最も印象的だった共演者について聞かれた高橋さんは、永野さんを挙げ、「長い間ご一緒して、ほとんどせりふじゃないところでもエチュード的にお芝居させていただいていたので、とても印象に残っていますね。素晴らしい」とコメント。リリーさんは「家族のシーンをやっているときはすごく濃度が濃くて。(その場に)いて楽しい、という感じでした」と振り返った。

 また、高橋さんは共演の村上さんとの幼いころの思い出を披露。「僕が小学生のころ校庭にすごい格好のお兄さんがいて、バスケットボールのシュート練習をされていて。そのときそのカッコいいお兄さんに『ボールは山なりにシュートするんだよ』と言われた。それからは、『山なり兄さん』と僕は呼んでいて。あるとき、コンビニとか本屋さんに行くと、その山なり兄さんが本の表紙になっているんですね。それがムラジュンさんだった」と意外な関係を明かしていた。
 
 映画は放送作家のはしもとこうじさんの実話を基にしており、主人公・コウジ役を高橋さん、コウジの彼女役を松岡茉優さん、母親役を神野さんが演じ、斎藤さん自身もコウジの兄役で出演。13年前に借金を残して失踪した父が余命3カ月で見つかるが、コウジらとの溝は埋まらないままこの世を去る。父の葬儀で生前親交のあった知人たちから思い出話を聞いたコウジは、父の意外な一面を知り、感情を変化させていく……というストーリー。3日からシネマート新宿(東京都新宿区)で先行公開されている。

みんなの反応

  1. 永野の帽子気になりすぎる 笑笑

タグ一覧

関連記事